お料理方法やお手入れ法などLPガスの豆知識をご紹介します。

HOME / エネルギー / LPガス

LPガスの豆知識

お料理豆知識

揚げ物の温めなおしが上手。

コロッケ昨日作ったてんぷら、買ってきたコロッケ、電子レンジで温めると「ころも」がぐちゃっとなりますよね。レンジは食材の持つ水分同士の摩擦で温まるので、ころもの表面に水分がついたまま温まってしまいます。でもグリルなら外側から炎で温めるので、水分を閉じ込めず「さくっ」と仕上がります。

魚のにおい、うつしません。

魚いつもはお魚を焼くことにしか使ってないから、他のものを焼いたり温めたりすると「におい」がついちゃう・・・いえいえ、そんなことはありません!火をつけて熱している間は、においがつこうとする力よりも、その食材から水分が外へ出ようとする力のほうが強いため、「におい」がつかないんです。

ただし、火を消したらすぐに食材を取り出してくださいね。また、洗う際は網の汚れをきれいに取り除くようにしましょう。

また、お魚を焼くときは先にグリルに火をつけて余熱をもつ(約1分)と、綺麗にかたちよく焼きあがります!加熱時間は魚を入れてから火をつけて焼く場合と変わりありません。

オーブン料理もしちゃいます。

肉グリル内の温度は約400℃。時間とともに熱が対流し始めます(オーブンと同じ原理)。高熱になる時間も早く食材を包み込むように加熱するので、例えばローストビーフなんかも出来ちゃいます。グラタンなどの焦げ目をつけたい料理も、最後に少し火を大きめにするとあっという間にできるんです。

お掃除豆知識

ガスコンロのお手入れは

お掃除ゴトク(丸いところ)は、水と重曹をいれた鍋に入れ、火をかけます。汚れが浮き出たら火を止めて、熱くなくなったら要らない歯ブラシやたわしなどで汚れを落とします。

ガスコンロの天板は、スポンジやクリームクレンザをつけて拭き取ります。(種類によって傷がつくかもしれないので、まず目立たないところで試し拭きをすることをオススメします。)

こんなものも掃除に役立つ!

お掃除道具もいろいろです。捨ててしまうラップや古い歯ブラシ、割り箸やつまようじ、竹串なんかも立派なお掃除道具になります。また、いらない定規なんかもガムベラみたいな役割を果たします。

おまけ

カレーやミートソースを作ったあとのお鍋、色と油でギトギトで、そのままスポンジを使うと色がべっとり汚い感じになりますよね。そんなときはお鍋にお湯と洗剤を入れて、いらないラップで汚れを先に落としちゃいましょう!きれいに汚れを落としておけばスポンジの色移りや油っぽさが気になりませんよ。

お問合せは011-661-7506へ!

ページ上部へ

LPガスの販売価格

LPガスの供給

LPガスの良いところ

LPガスの安全性

LPガスの豆知識

ガス漏れに気づいたら